運転が好きな人はドライバー求人に関心をもつ人も多いでしょう。こちらでは、ドライバーの求人の種類に関する情報から、求人探しのコツまで、役に立つ情報をたくさんまとめて紹介しています。求人探しに迷ったときの手がかりにしてみてくださいね。

ドライバー求人の種類

ドライバー求人とひと口にっても、物を運ぶ職種や乗客を送迎する仕事など、様々な種類があります。こちらでは、ドライバー求人の種類について詳しく解説していきます。どのタイプのドライバーが自分に最適か確かめるために、是非読んで参考にしてください。

物品を運ぶトラックドライバーの仕事

さまざまな物品を運ぶトラックドライバーは、小型や中型、大型のトラックを運転して業務をおこないます。配送や宅配、引っ越しなどの業種があり、働く企業によって取り扱う物品は異なり、車両の積載量も違います…

ドライバー求人の探し方

自分の希望する条件にぴったりマッチした仕事が見つかるように、ドライバー求人を探す前に、まずは会社の規模や給与のこと、福利厚生などの条件を先に考えておくようにしましょう。ここで紹介する探し方のポイントを押さえて、効率よく転職先を見つけましょう。

ドライバーが働きやすい待遇はある?福利厚生の条件から求人を探す

ドライバー専用の寮の有無や利用条件について調べてみよう

ドライバーとして長く働くには就職活動中に各社の給料に注目をするだけでなく、福利厚生がしっかりとしているかどうか見極めをすることも大切です。特に、毎月の生活費の負担を可能な限り軽くしたい人は、数ある運送会社や宅配業者の中でもドライバー専用の寮があるところを就職先の候補に入れるのがおすすめです。会社によっては正社員のドライバーでなければ寮を利用できなかったり、寮費の負担が大きくなったりすることもあるため、時間を掛けて気になる会社の求人票やウェブサイトに目を通しておきましょう。また、就職後すぐに入寮をしたい人は、採用面接のときに担当者に相談をするのはもちろんのこと、寮の空室状況について確認をしておくことも大切です。

女性が無理なくキャリアを積むなら休暇制度にこだわろう

女性のドライバーを積極採用している運送会社や宅配業者の中には、出産や育児をこなしながら無理なくキャリアを積めるよう、様々な面でサポートを行っているところが珍しくありません。例えば、産休や育休の期間を延長したり、長期休暇中の代替のドライバーを確保したりしているところは、運送会社に関心がある女性の求職者の間で人気が集まっています。会社によっては、育児の後に職場復帰を希望する女性のドライバーを対象に、個別のプログラムを作成したり、子供が小学校に上がるまで時短勤務を許可したりしているところもあります。その他、大手を中心に正社員だけでなくパートタイムの女性ドライバーへの特別休暇を付与している会社も増えており、職場選びの際にじっくりと各社の福利厚生の良し悪しを比較するのがおすすめです。