夜勤がある長距離ドライバーは年収五百万円以上を稼ぐことも可能

ドライバーの給与の相場は、勤務先の業績や職種、業務内容、勤続年数などに大きく関係があります。例えば、運送会社で正社員として働く長距離ドライバーは、時期や曜日によって夜勤を担当することがあり、基本給やボーナスと合わせて五百万円以上の年収を稼ぐことも可能です。また、長距離ドライバーのキャリアが長い人や、若手や後輩のドライバーの教育ができる人はさらに高収入を狙うことができます。ドライバーの獲得に力を入れている運送会社の中には、トラックの運転経験や保有する免許の種類によって、高額な手当を支給しているところもあります。そのため、長距離ドライバーとしてより良い条件で働きたい人は、就職活動を通じて各社の待遇の良し悪しをよく確認することが大切です。

宅配業者の専属ドライバーは年収三百万円台の人が多い

宅配便を扱う会社で専属ドライバーとして働く人は、荷物の量や時期にもよりますが、希望の休日に休みが取りやすく、残業時間がそれほど長くならないといったメリットがあります。一方で、勤務先によりますが、長距離ドライバーと比較すると基本給や手当の金額が低めに設定されている会社が多く、平均年収が三百万円台の人が目立ちます。そうした中、宅配業者に就職をして高収入を稼ぎたい人は、運行管理者など営業所内の責任者を目指したり、体に負担が掛からない程度で残業や休日出勤をこなしたりするのもおすすめです。なお、運送会社や物流会社などでドライバーとして一定期間働いたことがある人は、宅配業者に転職をする際に待遇面で有利になることもあるため、選考時に妥協せず担当者と交渉をすることが大事です。

ドライバーの募集内容の中で重要な項目は、運転免許の種類、運転する車やトラックの種類、運転エリアなどです。