配送業のトラックドライバーの基本情報

さまざまな物品を運ぶトラックドライバーは、小型や中型、大型のトラックを運転して業務をおこないます。配送や宅配、引っ越しなどの業種があり、働く企業によって取り扱う物品は異なり、車両の積載量も違います。トラックの車両の種類や職種によっては免許や資格が必要になることもあります。所属企業により、働くエリアにも違いがあり、長距離輸送のドライバーや、地域の担当エリアに配送するルート配送の仕事もあったりと様々です。

トラックドライバーといっても、業務内容は運転だけではありません。物品の集荷から荷積み、荷下ろしや梱包などの仕事をすることもあります。勤務形態は企業によりますが、一般的な朝から晩まで働く固定制であったり、早朝や深夜勤務がある企業ではシフト制であることも多いです。

物品を運搬するトラックドライバーのやりがい

配送業のトラックドライバーは、配送では食料品や衣料雑貨、引っ越しでは家財道具、宅配では贈り物など、人々の生活にとって必要不可欠な色んな物品を運ぶ仕事です。社会を支える大事な役割のある仕事だということに、やりがいを持って働いている人も多くいます。そして、業務中は1人でトラックを運転したり、作業をする時間が多いため、仕事をしているときは煩わしい人間関係に悩むことが少ないです。

コミュニケーションが苦手な人にとっては、業務に集中できるので仕事がしやすいでしょう。また、積載量が多いトラックは資格やスキルが求められることもあります。資格手当が出る企業も多いため、収入が上がればやりがいも持って仕事に励めます。

運転手の求人は、地域によって差がありますが、配送業者のセールスドライバーや運送会社の長距離ドライバーまで多種多様なものがあります。