地元の限られたエリアで長く働きたい人は中小企業がおすすめ

ドライバー求人数は年々増加しており、トラックドライバーの実務経験が豊富な人だけでなく、若くして運送業界を目指す人も採用されやすい状況にあります。そうした中、地元の限られたエリアでセールスドライバーとして長く働きたい人は、中小の運送会社や宅配業者を就職先の候補に入れるのがおすすめです。最近では、中小規模の会社をはじめとして、将来的に転勤の可能性が低く、馴染みのエリアで働ける求人を募集しているところが多くあるため、じっくりと会社ごとの労働条件を確認してみましょう。また、ドライバーの業務を経てキャリアアップを果たしたい人は、日々の業務の合間や休日を利用して運行管理者の資格取得を目指すという方法もあります。

長距離ドライバーとしてしっかり稼ぐなら大手企業に目を向けよう

大型や中型のトラックを運転する長距離ドライバーの募集をしている大手の運送会社においては、待遇の面で不満なく働けるよう基本給を高くしたり、様々な手当を用意したりしているところが目立ちます。そのため、長距離ドライバーとしてしっかりと安定した収入を得たい人は、ドライバーの待遇の良し悪しに注目をしながら、大手企業を勤務先に決めるのがおすすめです。企業によっては、運送業界での豊富なキャリアを持つドライバーを優遇したり、社内の重要なポストを任せたりしているところもあります。そこで、やりがいのある長距離ドライバーの仕事を見つけるうえで、早いうちから大手企業のドライバー求人の数が多いサイトやアプリを使ってみると良いでしょう。

運送業の求人は、営業所の近隣のエリアを回る宅配便のドライバーから、日本全国を移動する長距離ドライバーまで色々あります。