未経験の中高年ドライバーが活躍できる環境が整っている

タクシードライバーは、乗客を目的地まで安全に送り届けるという重要な仕事を担当するため、単に二種免許を取得するだけでなく、高度な運転技術や安全に対する意識が不可欠となります。各地のタクシー会社の中には、業界未経験の中高年ドライバーが活躍できるよう、入社後に運転技術の向上に役立つ業務研修を採用したり、外部の専門の講師による研修会を定期的に開催したりしているところもあります。また、体力的な理由でフルタイムで働くのが難しい人を受け入れるため、昼間限定の契約ドライバーとして採用しているタクシー会社も増えています。そうした中、タクシードライバーとして無理なく働き続けるには、求職中に各社の営業エリアや勤務体系、ドライバーの配置など大事なポイントを押さえておく必要があります。

若手を積極採用している会社は自己負担なしで免許が取れることも

若手のドライバーを積極採用しているタクシー会社の中には、二種免許を持っていない人を対象に、会社負担で教習に通える制度を導入しているところも珍しくありません。そのため、若くしてタクシードライバーとして稼ぎたい人や、将来的に個人タクシーの運転手として独立を果たしたい人は、採用者へのサポートが行き届いている会社を勤務先に選ぶのがおすすめです。会社によっては、運転経験が浅い若手のドライバーのために、シミュレーターを利用して事故防止に努めたり、マナー研修に力を入れたりしているところもあります。その他、将来にわたり不安なくタクシードライバーとして働くうえで、各社の求人票やウェブサイトを参考にしながら、若手からベテランまでしっかりとキャリア支援が行われているか見極めをしましょう。

ドライバーの派遣は、勤務地や出勤日などを柔軟に選べることや、就職時にそれほど長いキャリアが求められないといった特徴があります。